NICHIA介護系の外国人材の採用を、
技能実習・特定技能を通してお手伝いします。

とにかく人手が足りない。募集しても応募が来ない。
多くの介護事業者様が、そんな悩みを抱えていらっしゃるはずです。
高齢者がどんどん増える一方、労働人口が減少する日本では、2025年に37万人以上の介護士が不足するとの試算もあり、これはもう国内では解決困難です。

そこで不可欠となるのが外国人材の採用です。しかし外国人の採用には様々な法律があり、手続きも複雑。さらに受け入れやフォローの体制づくりもたいへん…。
そんな手間や面倒を、ニチアがすべてお引き受けします。技能実習・特定技能という在留資格の諸制度に則って採用を進め、日本での就業・生活のサポート体制を一緒に構築。彼らの長期的な活躍・成長をバックアップします。

ニチアはミャンマー、ベトナム、インドネシア、中国、インドの現地送り出し機関と強固な連携を結び、来日前の教育などをしっかり行っています。そして近畿・東海・北陸・東京を中心に、多くの介護系外国人材の採用をお手伝いしてきた実績があります。
ぜひ安心してお任せください。

Slide
二チアの目指すところ
二チアの目指すところ

もともと技能実習という制度は、外国の若者たちが日本で働きながら各職種の知識やスキルを学び、それを母国に持ち帰って活かす・広げることを目的としています。
ニチアも、もちろんこの趣旨に賛同。
日本の優れた介護ノウハウ・技術の海外移転を促進し。各国に貢献できる国際モデルの構築を目指します。
一方、国内では間もなく「外国人材がいないと経済が回らない」という社会が到来するはずです。
中でも介護業界の人材不足は深刻。
そこで技術を母国に持ち帰る外国人財とともに。日本で長く活躍する外国人財を増やし。人材不足の解決にも寄与したいと考えます。

もともと技能実習という制度は、外国の若者たちが日本で働きながら各職種の知識やスキルを学び、それを母国に持ち帰って活かす・広げることを目的としています。
ニチアも、もちろんこの趣旨に賛同。
日本の優れた介護ノウハウ・技術の海外移転を促進し。各国に貢献できる国際モデルの構築を目指します。
一方、国内では間もなく「外国人材がいないと経済が回らない」という社会が到来するはずです。
中でも介護業界の人材不足は深刻。
そこで技術を母国に持ち帰る外国人財とともに。日本で長く活躍する外国人財を増やし。人材不足の解決にも寄与したいと考えます。

残念ながら介護業界は国内の求人市場において「人気がある」とはいえません。
ニチアはそれを「外国人材の人気業種・人気職種」に押し上げたいと考えています。
できるだけ多くの外国人材に日本の介護業界を経験していただく。
万全の受け入れ体制、仕事・生活両面での手厚いサポートで「安心して働ける」「やりがいのある仕事」というイメージを定着させる。
そうすることで介護業界全体の「魅力度」や「採用力」を高めていけると確信しています。

残念ながら介護業界は国内の求人市場において「人気がある」とはいえません。
ニチアはそれを「外国人材の人気業種・人気職種」に押し上げたいと考えています。
できるだけ多くの外国人材に日本の介護業界を経験していただく。
万全の受け入れ体制、仕事・生活両面での手厚いサポートで「安心して働ける」「やりがいのある仕事」というイメージを定着させる。
そうすることで介護業界全体の「魅力度」や「採用力」を高めていけると確信しています。

20人に1人が性的少数者だといわれる時代ですが、日本ではまだLGBTQに対する理解が遅れ気味だといわざるをえません。
ニチアはグローバル基準で性的少数者に理解のある人材採用を推進し、働く現場にもその理解を広げたいと考えます。
20人に1人といえば、左利きの人の割合とほぼ同じです。
左利きの人が違和感なく社会に溶け込んでいるように、様々なセクシャリティの人たちが、共に理解しあい、共に働き、共に生活できる介護業界の創造を目指します。
また親の介護で職を離れざるを得ない
「ミッシングワーカー」も社会問題化しています。
「親の面倒は子どもがみるもの」という古い考え方が残っていることも一因ですが、介護環境が十分に整っていないのも大きな要因ではないでしょうか。
ニチアは外国人材の採用促進、長期戦力化で介護現場の人手不足を解消し、一人でも多くのミッシングワーカーを減らしたいと考えます。

20人に1人が性的少数者だといわれる時代ですが、日本ではまだLGBTQに対する理解が遅れ気味だといわざるをえません。
ニチアはグローバル基準で性的少数者に理解のある人材採用を推進し、働く現場にもその理解を広げたいと考えます。
20人に1人といえば、左利きの人の割合とほぼ同じです。
左利きの人が違和感なく社会に溶け込んでいるように、様々なセクシャリティの人たちが、共に理解しあい、共に働き、共に生活できる介護業界の創造を目指します。
また親の介護で職を離れざるを得ない
「ミッシングワーカー」も社会問題化しています。
「親の面倒は子どもがみるもの」という古い考え方が残っていることも一因ですが、介護環境が十分に整っていないのも大きな要因ではないでしょうか。
ニチアは外国人材の採用促進、長期戦力化で介護現場の人手不足を解消し、一人でも多くのミッシングワーカーを減らしたいと考えます。

MISSIONニチアの役割

私たちは、「技能実習生」の受け入れに必要な「受入れ監理団体」としての許可、「特定技能」の在留資格を持つ外国人を紹介できる「有料職業紹介事業者」としての許可を得ています。

さらに特定技能人材の日本での生活や就労に関して法令で定められた支援を行わなければなりませんが、出登録支援機関として届け出も行っています。

日本で技能実習・特定技能を希望する外国人をサポートし、受け入れをお考えの介護事業者や医療・福祉施設給食製造事業者との橋渡しを行う。

それがニチアの役割です。

MISSIONニチアの役割

私たちは、「技能実習生」の受け入れに必要な「受入れ監理団体」としての許可、「特定技能」の在留資格を持つ外国人を紹介できる「有料職業紹介事業者」としての許可を得ています。

さらに特定技能人材の日本での生活や就労に関して法令で定められた支援を行わなければなりませんが、出登録支援機関として届け出も行っています。

日本で技能実習・特定技能を希望する外国人をサポートし、受け入れをお考えの介護事業者や医療・福祉施設給食製造事業者との橋渡しを行う。

それがニチアの役割です。

OUTLOOKニチアの展望

私たちはアジア各国(ミャンマー、ベトナム、インドネシア、中国、インド)の人材送り出し機関と提携しています。

アジア諸国と日本をいまより、きっといい関係に、もっと近い存在に。

そんな思いで今後も事業を発展させていきたいと考えています。

OUTLOOKニチアの展望

私たちはアジア各国(ミャンマー、ベトナム、インドネシア、中国、インド)の人材送り出し機関と提携しています。

アジア諸国と日本をいまより、きっといい関係に、もっと近い存在に。

そんな思いで今後も事業を発展させていきたいと考えています。